足元を見つめ直しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも当店をご利用いただき誠に有難うございます。

最近めっきり寒くなりましたが、たまに暖かい日もあり頑張って走っておられる方も多くみられますが皆様はいかがでしょうか?

最近よく”もっと速く走りたい”という言葉をお客様からも伺います。その言葉から多くの方は、今使っているパーツ(多くはコンポーネント)のグレードを上げる、その他のパーツを軽量化や高級化する、といったことが思い浮かぶかと思います。特に軽量化はよく聞かれる言葉ですが、思うところの重量にしていけばとんでもなく費用が掛かります。多くの方はそこまでの費用はかけたくはないはず、、、

当店ではそういったご要望の際には必ず”ホイール交換”をお勧めしております。入門~中級者向けロードバイクについているホイールはそのレベルに合ったグレードの物が付属しています。早く走る(店主的には想いの通り、または気持ちよく)ために重要なのはフレームです。しかし既に自転車に乗っていますので、これを交換すると高額になります。その次に着目するのは、路面に一番接している足周り(ホイール+タイヤ)になります。ペダルから伝えられた力が伝わる先がホイール+タイヤですので、この部分は押さえておくべきポイントです。具体的に言うと、105の入ってる自転車をDURAACEにしても、ホイールが入門用のそれであれば走りにはそれほど影響はないかと思われます。(変速性能と軽さは格段にアップしますが、、、) 逆にコンポーネントは105そのままでホイールを上位グレードに変えますと漕ぎ出し、巡行性、登坂性が格段にアップします。コンポーネントに十数万~数十万をかけるよりも十万前後をホイールに捻出する方が走りの変化のコスパが非常に高いということです。特に最近ではチューブレスモデルが多くリリースされております。路面抵抗のダイレクト感、転がり抵抗の軽さ、空気圧の調整幅の広さ、軽量化、と一昔前のマイナスイメージは払拭されております。

ということで当店ではホイールのご相談もお受けしております。基本的には”餅は餅屋”ということでリムメーカーのホイールをお勧めしております。来春のために今からご準備されてはいかがでしょうか!

 

ここからは入荷情報です。

当店で一押ししておりますMAVICのホイールにチューブレスモデル(UST)が続々と入荷してまいりました。MAVICのチューブレスをお勧めする理由は、リムとタイヤを共同設計しているところ。リムの外形とタイヤのビード部分の径の精度、リム断面とビード断面の精度が良いという点。よってエア漏れがしずらく、軽い走行感を味わえるホイールとなっているのです。それによってタイヤ交換のしやすさと携帯ポンプでもビードが上がるといったことも特徴です。

今回入荷したのは、COSMIC PRO CARBONE SL UST (¥302400税込) /  KSYRIUM PRO UST (¥140400税込)  /  KSYRIUM ELITE UST (¥91800税込) RED・BK  ※別モデル、別カラーもお取り寄せは可能です。

 

参考情報 ⇒ cyclowired

関連記事

ページ上部へ戻る