皆生トライアスロンその後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆生トライアスロンから1週間経った週末、いつものように店舗営業をしていたのですが、黒くて薄べたな自転車がバイクラックに並びました。サドル後ろにはボトル2本差しにゼッケンプレート。何か見覚えのあるような、、、

入ってこられた方を見てすぐにピンときました。そうなんです、皆生で足の攣りでお手伝いさせていただいた方だったのです。

すぐに記憶が1週間前にタイムスリップしたような感覚で、その方とレースその後の話で盛り上がってしまいました。

聞けば、現場でmag-onを摂取してもらい、日陰で休んだ後、なんとか足は動くようになったそうで(mag-onは15~20ほどで効果を発揮することが実証できました)、予定より大幅にタイムロスでしたがバイクパートをゴール。そこからのラン(42.195km)も装備や補給を済まし満身創痍の状態でゴールを目指し完走されました。

私はその時知らなかったのですが、今回の大会でロングディスタンスのレースは最後にしようと決めておられたみたいです。それ故にたまたま通りかかってサポートさせていただいたことが相当記憶に残っておられたみたいです。

メカニックサポートということで帯同しておりましたが、選手の方々に再スタートしてもらいたい一心で、そのトラブルにどう対処すれば良いか手より頭をフルに使っています。当たり前のことをしているので、行ってきたことは記憶の中に残っていますが、サポートさせていただいた方のその後ははっきり言って知らないのです。

ただ今回のようにその後のことや、想いを聞かせたいただいて、この仕事を続けていて良かったと感じると共に、これからももっと精進して、すべての方のお役に立てれるように頑張っていこうと思った次第です。

今後も店を開けご迷惑をおかけいたしますが、店主のスキルアップということで、何卒宜しくお願い致します。

 

今回のことを選手である丸田様のブログで紹介していただいております。

オヤジの成長記

関連記事

店主日記

ページ上部へ戻る